【初めてのシングルバーナー】はSOTOレギュレーターストーブ「フュージョン」がオススメ!ST310との違いとは?

シングルバーナーは携行性に優れ、持ち運びしやすい所が最大の特徴です!
薪を焚べて火を育てる必要もなく、さっとお湯を沸かす事ができるお手頃感がいいですね。

シングルバーナーは、各メーカーからたくさんのバーナーが出ており
正直どれにするか迷いませんか?

もしあなたがシングルバーナーを探しているのなら
SOTOから出ているレギュレターーストーブはその候補のうちに必ず入るのではないでしょうか?

SOTOはバーナー関連のメーカージャンルではかなり有名で信頼度が高いとメーカーですね
そこで今回オススメしたいシングルバーナーは


SOTOのレギュレターストーブです。(僕も愛用しています)

こちらは、比較的初心者にも扱いやすく
初めてのシングルバーナーとしてオススメのギアです!

SOTOのレギュレーターストーブは種類が2つあります。

『ST -310』

それから

『ST -330(FUSION)』

アルペン楽天市場店
¥6,985 (2024/07/16 22:43時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
アルペン楽天市場店
¥11,550 (2024/07/18 17:36時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

SOTOのシングルバーナーでもこの2台をどちらにしようかと迷っている方多いと思います。

僕も、この2台のうち、どちらにするかかなり悩みました!

そして悩みに悩んで出した結論は『ST -330 FUSION』に決めました!

なぜ、ST310より値段が高い「FUSION」に決めたのか?

今回は僕が愛用しているSOTO レギュレーターストーブ フュージョン ST -330を
選んだ理由やその優秀すぎる機能についてご紹介致します。

この記事を見れば次の事がわかります。

ST-330 SOTO
  • SOTOレギュレーターーストーブがなぜ人気なのか?
  • ST310とST330フュージョンの違いは?
  • なぜフュージョンを選んだのか?
まこ

初めてのバーナーにオススメです!

目次

SOTOレギュレーターストーブが人気の理由とその機能とは?

ソロキャンパーやバイクキャンパーにこぞって人気のあるレギュラーストーブは
シングルバーナーの売り上げランキングでも常に上位をキープしている人気商品です!

他にもたくさん、優秀な商品もある中なぜ選ばれるでしょうか?


その人気の理由や機能について詳しく解説していきます

①燃料はどこでも売ってるCB缶を使用

SOTO CB缶

まず燃料はCB缶(カセットボンベ)を使用しているというところです。
シングルバーナーの燃料は様々あり、「ホワイトガソリン」やOD缶(アウトドアガソリン)を
使用するとなると、初心者の内ではハードルが高い気がします。
CB缶なら家庭用で最もポピュラーな携行型燃料ですし、使う機会も多く
どこでも手に入りやすい燃料だといえます。その手軽さも人気の秘訣といえます。

②軽量、コンパクト!優れた収納性に感動

SOTO レギュラーストーブ  FUSION
ST -330 FUSION

『ST-310』 と『ST-330』どちらもコンパクトに収納できます
ソロキャンパーや登山家やミニマムなキャンプをされる方にとって
コンパクトに収納できる所がシングルバーナーの最大の利点と言えるでしょう。

さらに嬉しいのはコンパクトかつ重量(本体)も軽いので荷物に負担がかかりません

それぞれのレギュラーストーブの重量は次の通りです。


『ST-310』 重量/330g
『ST-330』 重量/250g

まこ

どちらも軽くてコンパクトです

③マイクロレギュレーター搭載で冬でも火力安定!

あの!マイクロレギュレーター搭載!!

ちょっと待って!!マイクロレギュレーターって何!?

はい!ご説明します

マイクロレギュレーターとは、『小型のガス減圧器』のことです。
ガス缶は、連続的に使用したり冬場の低温時に使用することで
ボンベ内の圧力が下がってしまいます。(ドロップダウン現象)

ボンベ内の圧力が下がった時にマイクロレギュレーターが
圧力低下を制御して、高火力を維持してくれる優れた機能です!

また圧力低下だけではなく

夏場で外気温が上がった時に圧力が上昇した場合でも
自動で圧力を制御してくれます。

まこ

冬場も夏場も安心して使用できるね

④五徳が4本なので優れた安定性を実現

ST-330
ST-330 FUSION

SOTO レギュレーターストーブは『ST-310』『ST-330』ともに五徳が4本あります。

他社のシングルバーナーでは五徳3本のものあります。もちろん五徳3本でも
使用するのに問題はありません。
しかし、鍋の安定性を考えると五徳3本に比べると五徳4本ある方が
安定性に優れているといえますね。

さらに4本の五徳でバーナー本体を覆っているので本体の転倒防止にも役立つ使用なのです。

まこ

五徳が4本ある事で、安全性がグッと上がります

SOTOレギュレーターストーブ ST-310と ST-330 FUSION 違いとは?

ここまでレギュレーターストーブの人気の理由について説明してきました。

上記の内容は

『ST-310』と『ST-330』FUSION

どちらも同じ機能が備わっています。

では『ST-310』とFUSIONはどこがどう違うのでしょうか?

その違いについて今からご説明致します。

一体型と分離型の違い

SOTO レギュレーターストーブ 『ST310』は一体型

SOTO レギュレーターストーブ 『ST-330』は分離型

一体型は

五徳とCB缶が一体になっているので、机の上でもコンパクトに
使用でき、スタイリッシュに使用できます。

分離型は

五徳とは離れた位置に接続する為、CB缶と五徳に距離があるので
調理時の熱量からボンベを離す事ができます。

重量と発熱量の違い

重量と発熱量も少し違いがあるようです。

重量(本体のみ)発熱量
ST-310330g2.9kw (2500kcal/h)
ST-330 FUSION250g2.6kw (2200kcal/h)
商品パッケージ記載のとおり

重量はFUSIONの方が80g程度軽いといえます

発熱量に関しましては『ST310』の方が発熱量が多いといえます

どちらも、実際に影響が出るほどの差もなく体感ではさほど気にならない
くらいです。

五徳の高さと外径の違い

それぞれに4本の五徳がついていますが、その高さと外径に違いがあります。

五徳の高さについて

『ST-330』FUSIONは『ST310』より低い位置に設定されています。
低い位置に設定されているので鍋を置いた時により安定します

外径の違いについて

五徳を開いた外径は 

『ST-310』が130mm

『ST-330』FUSIONが165mm

五徳の大きさはFUSIONの方が大きいといえます。

バーナーヘッドの形状が違う

バーナーヘッドは実際に炎が出る所です

『ST-310』のバーナーヘッドは「突起状」

『ST-330』のバーナーヘッドは「すり鉢状」

ここの違いがあります

バーナーヘッド
ST-330 FUSION

突起状のバーナーヘッドでは、風などの影響が受けやすい傾向にあります


FUSIONならすり鉢状なので風の影響は出にくく、さらに約300個の火口から
火足の短い炎が出るので優れた耐風性を発揮します。

細かい所で違いがあるんだね

フュージョンを選んだ3つの理由

ここから僕が、SOTO 『ST-330 』FUSIONを選んだ理由をお伝えします。

これを決断する時はめちゃくちゃ悩みました。
一番の悩みどころは、その値段差にあります。

『ST-310』 税込 6800円

『ST-330』 税込 9900円

3000円ほどの違いがあります。
3000円結構デカいです。。

この値段差に納得できるほどの価値がフュージョンにはあるのだろうか。。

①分離型の方が安心に使う事ができる

一体型のデメリットは

バーナー本体とガス缶の距離が近いという事です!

つまり何がデメリットかというと

放射熱を発生させる器具(スキレット、ダッチオーブン 、鋳鉄製の鍋等)を
使うと、ガス缶に熱が伝わり、爆発を引き起こす恐れがあります!

僕は、スキレットやダッチオーブン で料理をする頻度が高いので
分離型の方がリスクが少なく安心に使えるといえます。

まこ

料理を楽しむキャンパーさんなら、FUSIONの一択だと思います

②鍋を置いた時の安定感

『ST-310』よりFUSIONの方が、五徳の高さが低いので鍋を置いた時に
安定するので安全に鍋を置く事ができます。『ST-310』が安定性が悪いという
事ではなく、置く高さが低い分、安定して鍋を置くことができるのは
FUSIONの方に軍配が上がったという事です。

下にFUSIONがあります。安定◎

③耐風性にも優れている


バーナーヘッドの形状に違いが大きくあります。
すり鉢状のバーナーヘッドは優れた耐風性能があり、風が強いキャンプ場でも
安心して使用する事ができます。また『ST-310』に比べて炎口が約300個も
あり、その点に置いてもFUSIONを選ぶのに十分な理由だと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、私が愛用しているSOTOのレギュレーターストーブについてお話ししました。

どちらもオススメするシングルバーナーです。
購入当時はかなり悩みました、値段差もありますし高ければ良いとい事でもない
ですからね。ただ、こちらの二つの商品において違いをしっかり見極めた上で
『お値段以上』なら購入すれば良いと思います。
どちらにおいても、あなたが判断したのですからその答えは一番正しいと思います!

少しでも、購入を検討して悩んでいる方のお力になれれば光栄です!

また自分が使っているギアで皆様に紹介して行こうと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではまたー!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

キャンプと料理が大好きな39歳。
アウトドアの素晴らしさを伝えたい!
という思いでキャンプブログを運営中!
現在ブログ運営・WEBライター他三重県を中心に
キャンプインストラクターとして活動中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次